ブレーンセンター
採用情報

ACCOUNT EXECTIVE

AE 2017年入社

村松 朋彦

お客様の言葉に耳を傾け、
その先にいる読者の満足も追求する。

PROFILE

大学では詩を中心に英米語学・文学を専攻し、言葉を通じて人に何かを伝えるという仕事に興味を持ちました。現在はAEとしてお客様との接点を担い、営業はもとより企画提案にも携わります。最近では、案件によってディレクターとして制作進行の中心を担うこともあり、ブレーンセンターの仕事の幅広さと奥深さを実感し始めています。

なぜブレーンセンターを選んだのか?

「言葉のプロフェッショナル」に
なれると直感したからです。

大学時代、英語で詩を読み、書くという経験を通じて、言語を問わない「言葉」の奥深さを知りました。そのため、就職活動にあたっては、英語を使って仕事をすることにはこだわらず、「言葉のプロフェッショナル」になれる企業・仕事を希望していました。 そんなときに出会ったブレーンセンターは、お客様の業種・業界が幅広く、取り扱うPR分野や媒体も多岐にわたる点が魅力でした。制作するツールによって対象となる読者は異なるため、たとえ発信する情報は同じでも、強調すべきポイントや用いるべき言葉まで同じとは限りません。言いたいことをそれぞれの読者に最適なかたちで「伝える」ことが必要なのです。大学では、詩というかたちで「表現する」ことだけにこだわっていた私ですが、この会社であれば、「表現する」ことを楽しみながらも「伝える」ことを学び、「言葉のプロフェッショナル」になれるはずだと直感しました。

今の仕事は?

お客様の目的を満たすために
何が最適かを模索し続けています。

現在は、主にAE(顧客窓口)を担当しています。AEは、お客様がご要望やお悩みを最初にご相談いただく立場です。それらを叶えるのが私たちの仕事ではありますが、重要なのはお客様が言った内容をそのまま形にすることではなく、読者にとって最適な「伝え方」を追求することです。

入社2年目に入ってすぐの頃、あるお客様が株主通信をリニューアルされることになり、ヒアリングから提案までを担当しました。先輩のサポートはありましたが、1人での企画提案は初めての経験。最初はお客様のニーズを十分に汲み取れないまま打ち合わせを終えてしまったこともありましたが、消化不良の原因を分析し、お客様と繰り返しお話しするなかで、読者に「伝える」企画として何とか完成までこぎつけることができました。

このほかにもさまざまな案件を経験してきましたが、常に「お客様の目的は何か」「それは本当にこの方法で叶うのか」を第三者の立場で検証するよう努めています。それはすなわち、発信者であるお客様の言葉を聞きながら、読者の視点で考えるということ。正直まだまだ難しいのですが、自分なりに納品までその観点を持ち続け、最終的にお客様から「良いものができたよ、ありがとう」という言葉をいただけたときの達成感は格別です。

印象に残っている仕事やエピソードは?

潜在的な課題まで見つけ出す
洞察力と想像力を身につけたい。

私が、お客様と読者の視点を持つ大切さに気づけたのは、一人の先輩のおかげです。ある案件の進行中、お客様から修正依頼をいただき先輩に伝えたところ、「それだと、そもそものご要望に合わなくなるけど大丈夫?お客様に確認した?」という言葉が返ってきました。そして、「顧客だけでなく、その先にいる読者まで満足できる品質を追求しなければダメだ」と教えられたのです。それでこそ、お客様の期待を超える制作物を実現できる――そんな瞬間を何度も目の当たりにしました。

その先輩とは今も一緒に仕事をすることが多いのですが、お客様がふと口にした言葉から表面的でなく本質的なニーズを捉え、潜在的な課題をも見つけ出す。その洞察力と想像力には度々驚かされます。それが別のツール制作のご相談をいただくきっかけになることも多く、進行のみならず営業の観点からも磨くべきスキルだと感じています。私も、少しずつその感覚をつかめるようにはなってきましたが、一日でも早く先輩に肩を並べ、そして超えられるよう日々勉強を重ねていきます。

One More Word

仕事終わりの、東京ドーム。

生まれも育ちも大阪ですが、物心ついたときから大の巨人ファン。東京ドームまで電車で1分、徒歩でも15分の場所にあるブレーンセンターの東京本部に入社してもうすぐ2年が経ちますが、平日の仕事後でもすぐ観戦に向かえるところが最高です。しかし、これまで観た試合は何故かすべて敗戦・・・来年に期待します。