成長できる
チャンスがある限り。

YUKAデザイナー
2017年入社

MY STORY

いろいろ挑戦できる
会社

うわ~。本当にそうだった!――心のなかで叫んだことが2回ある。1回目は、入社してからずっと「映像をつくりたい」と言い続けてきた私にチャンスが巡ってきた時。説明会で聞いた「手を挙げた人には応える」という言葉は本当だった。そして2回目は、動画コンテンツがみるみるメイン商品になっていくのを実感する今。新人研修で聞いた「当社が次々と新たな事業を展開してこられたのは、顧客ニーズの実現に留まることなく新たな表現手法を提案してきたから」という歴史に今、私も立ち会っていると気づいた時だ。

小さい頃から工作などモノをつくることが大好きで、高校で美術科を選択し、美大に進学した。その間、グラフィックから空間、Web、映像などさまざまな表現手法を学び、どれも面白かったが、なかでも映像をつくる時間が好きだった。「いろいろ挑戦できるところがいいな」。そんな気持ちにぴったりな会社がブレーンセンターだった。

MY STORY

つくりたい映像を
つくるために

もちろん最初から何でもできるわけではなく、最初はすべてが先輩の指示通り。手は動かすものの、お客様がどんな事業をやっているかもわからず、なかなかうまくいかなかった。けれど、そんななかでも先輩は定期的なミーティングのたびに「何かやりたいことはある?」と必ず聞いてくれ、その都度「映像」と答え続けていた。

チャンスが巡ってきたのは2年目だ。プランナーが動画のプレゼンテーション用の絵コンテをつくるメンバーを募集していた。即座に手を挙げた。すると「YUKAさんは映像もできるの?」。…何気ない普通の一言だったけれど、小さなトゲで胸が熱くなった。確かに仕事での経験はないけれど…心に決めた。つくりたい映像をつくれるようになるまで頑張る!

以来、デザイン部門に絵コンテの要請が来るたびに手を挙げ続けた。最初はプランナーの考えたストーリーを絵にするところからスタートしたが、次第にフリー映像を使って画をつないだり、音楽も入れてみるようになった。この動画プレゼンが社内にもお客様にも好評で、映像案件が増え続けるなか、プレゼンでは直接私に声がかかるようになっていった。

MY STORY

納品まで責任をもつ
苦しみと喜び

そんな私が今、もう一段階のレベルアップに向けて取り組んでいるのが、受注後の制作段階で映像ディレクションを担うことだ。プレゼンはあくまで“イメージ提案”だが、納品される作品はお客様のもの。細かなニーズに応えるのは私ではなく映像ディレクターで、結果として当初のイメージとは異なるテイストの動画が納品されることもある。そうなるのが残念で、自分が提案した案件では制作時の撮影や打ち合わせにも参加できるようお願いした。

プレゼンと異なり、制作段階でのお客様の要求はとても現実的でシビアだ。なるほど、と思うことも多々ある。予算の都合で泣く泣くあきらめざるを得ないシーンもある。けれど、そこに私なりの工夫で課題をクリアできたら、きっと楽しい。そんなことを考えながら、映像ディレクターの“現実案”を絵コンテにしながら、「勝手にこんな風にしてみましたけど、いかが?」なんて言いながら代案を示すこともある。

「意外に頑固でこだわり屋だねー」。代案を見ながら映像ディレクターは苦笑するけれど、自分の表現にこだわりのないクリエイターはいないと思う。何より私は「顧客ニーズに留まることなく新たな表現手法を提案する」ブレーンセンターの一員なのだ。

ANOTHER SIDE

旅行好きの家族に影響されて、大学時代は毎年海外旅行に行っていた。社会人になってからの初の海外旅行は、人生初のクルーズ旅。人生初のボーナスで買ったカメラを持って、張り切って旅のしおりを作成して友人と地中海クルーズに出かけた。「朝起きた時のバルコニーから差し込む朝日と港町。街を巡り終えて船に戻って見た航跡波の先に浮かぶ夕日に照らされた港町。映画のような景色のなかで写真を撮りまくりました。絶対にまた行きます!」。

ページの先頭に戻る

ENTRY

既卒/キャリア採用
募集要項
応募フォーム
新卒採用
募集要項
応募フォーム
社外パートナー募集
募集要項
応募フォーム