ブレーンセンター
採用情報

DIRECTOR

ディレクター 2015年入社

竹ノ脇 陽介

自らの努力でもっと知識を増やし深め、
お客様の難しいご要望に応えていきたい。

PROFILE

大学卒業後に入社した制作会社を経て、ブレーンセンターに入社しました。現在は、ディレクターやAEとして、株主向けIRツールやCSRレポートなどの印刷物をはじめ、各種Webサイトなどの制作進行業務を担当しています。また、日々のコミュニケーションで得た情報をもとに、お客様への自主提案活動にも力を入れています。

ブレーンセンターを選んだ理由は?

今までにはない環境で
チャレンジできると思ったからです。

学生時代に広告業界を志望していた私は、大学卒業後、事業を立ち上げたばかりの制作会社に入社しました。クライアントゼロという環境のなか、長く顧客やパートナーの開拓を担当してきました。ブレーンセンターと接点をもったのもその会社に在籍していた時で、ある案件で協力を求められたのです。実際に仕事をしてみたブレーンセンターの印象は、文章にしても、デザインにしても、とにかく要求レベルが高い。もちろん、前職でも制作物の品質には責任をもって取り組んできましたが、「人生は一度きり。外に出てもっと自分を高めてみたい」と思うようになりました。

自分の気持ちに素直でありたいと転職活動を始めた時、ブレーンセンターが中途採用者を募集していることを知りました。どんな社員がいるかも知っていましたし、今までの経験をフルに活かせる。そして、多様なPR分野・メディアに対応していて、クライアントの業種・業態もさまざま。今までにはない環境でチャレンジできることにとても魅力を感じて、入社を決めました。

現在の業務内容は?

モノづくりを主導する
ディレクション業務を担当しています。

IR・CSR分野の報告書や学生向け採用ツール、会社案内パンフレットを中心に、企業PRサイトやIRサイトなど、さまざまな制作物を担当しています。前職の経験を活かして、ディレクターとしてモノづくりを主導し、お客様に制作物を納品するのが私の役割です。

ブレーンセンターの仕事を建築に例えると、建築主のニーズをヒアリングするのがAE、基本的な設計図面を引くのがプランナー、意匠を考えるのがデザイナー、現場で柱を組み上げるのがエディターです。ディレクターは、それらすべての工程を理解して管理する現場監督であり、PR分野についても、メディアについても、多くの知識や経験が求められます。経験はあとからついてくるものですが、知識を得るための第一歩は自らの努力。特にWebの世界は目まぐるしくトレンドが変化しているので、待っているだけでは仕事はできません。お客様に満足していただける制作物を完成させるために、プロとして常にアンテナを張り、自ら考え、自ら動く。これからもその姿勢を忘れることなく、日々の仕事に取り組んでいきたいと思っています。

この仕事の魅力は?

つくり上げる楽しさ、
感謝される喜びを実感できることです。

プランナー、デザイナー、エディタやライター、さらにはDTPやコーディングなどの社外スタッフといった個々の力を取りまとめ、お客様のご意向をお聞きしながら、それを上回る成果物へと昇華させることがこの仕事の醍醐味です。

お客様からは部署や立場の違いによって、難しいお題を投げかけられることも多く、最前線に立つディレクターには、それを的確に整理して、迅速に各スタッフへ指示を出す能力が必要です。また、さまざまな状況からスケジュールが思うように進まないこともありますが、決められた納期までにフィニッシュにまでもっていく。これがディレクターに要求されるミッションです。それだけに、スタッフともコミュニケーションを図り、多少の無理な注文でも「竹ノ脇ならしょうがない」と言ってもらえるよう、仕事への熱意とお客様への思いは常に伝わるよう心がけています。そして何より、好きな仕事でお客様に感謝されることは一番の喜びです。つくり上げる楽しさ、感謝される喜び――それを実感できることが、制作会社で働くことの魅力です。

One More Word

マイブームはラクしてできる“玄人風キャンプ”

ここ数年はアウトドアに目覚め、年数回のキャンプに出かけ、トレッキングや、渓流を歩いて下るキャニオニングなどに挑戦しています。とはいえ、万年素人キャンパー。料理や遊びはまったく手の掛からないもの、困ったことがあればすぐにキャンプ場に相談というように、ラクしてできる“玄人風キャンプ”を追求しています。