ブレーンセンター
採用情報

WEB DIRECTOR

佐久間 和之

WEBディレクター 2018年入社

経験と知識を兼ね備え
ユーザーファーストのサイトを構築したい。

PROFILE

世界の景色を写真に撮りたくて海外を飛び回ったバックパッカー時代、「自分の写真を載せるカッコいいWEBサイトをつくりたい!」と思い、未経験ながらブレーンセンターに飛び込みました。現在はWEBコーディングやディレクションを担っており、大規模案件にも挑戦中。

コーディング 50%|Webディレクション 50%

ブレーンセンターを選んだ理由は?

未経験でも
チャレンジできる環境があったからです。

バックパッカーとして数十カ国を巡ったあと、WEBサイトの制作に興味を持ちWEBコーディングの学校に通って基本的な技術を学びました。その後、就職活動をしたものの、WEB制作会社の多くは実務経験3年以上などの縛りが…。さらに私は、コーディングなど一部の工程でなく、お客様の課題やニーズを伺うところから制作全般に携わりたいと思っていたので、なかなか自分の希望とマッチする会社に出会えませんでした。 あきらめかけた頃に見つけたのが、未経験者Welcomeのブレーンセンター。面接で言われた「やる気さえあれば何でもできるよ」というセリフに、ここなら色々な挑戦ができる!と直感しました。

現在の業務内容は?

WEBディレクターとして経験を
重ねながら試行錯誤の日々です。

WEBサイトは見た目のデザインやテキストが完成すれば良いわけではありません。HTMLやCSS、CMSなど各種技術を熟知したうえで、各スタッフの進捗を把握し、品質を確保しながら納品まで導くWEBディレクターの存在が不可欠です。

私もWEBディレクターとして複数案件を担当していますが、まだまだ駆け出しなので、うまく指示出しができなかったりスケジュール通りに進められないことも。特に、技術的な指示を人に伝えるのは非常に難しく、細かく指示しても思ったようにいかないことは日常茶飯事です。そんなとき、先輩から教えてもらったのが「考えさせる指示を出すこと」。必要なのは目的や意図を共有することであり、そのためにどうするかという手段や方策は、作業者に任せた方がうまくいくんだと気づかされました。

そんな紆余曲折な毎日ですが、すべての案件に新しい学びがあり、しかも全世界に公開されるWEBサイトとして形が残る。思った以上の刺激に溢れています。

今後の目標は?

WEB案件に欠かせない
存在になることです。

作り手の満足でなく、ユーザーを第一に考えたWEBサイトをつくりたいんですよね。そのために、本当にユーザーにとって使いやすいのか、ユーザーにとって優しい仕様かどうかをしっかりと検証できる知識とノウハウを身に付けたいです。また、上流工程から下流工程まで関わった案件がまだ少ないので、もっと経験値を高めて、お客様がユーザーに伝えたいことをWEBで実現するための最適解を追求していきたいです。当面の目標は、大規模サイトをイチから構築することですね。

幸いなことに、今はプランナー、ディレクター、デザイナー、コーダーなど、社内外のさまざまな人たちとコミュニケーションをとれる環境にあります。だから自ら積極的に行動し、周囲の人を巻き込んで多くのことを吸収したい。ゆくゆくは、WEB案件に欠かせない中核的な存在になりたいです。

One More Word

週末はもっぱら「男メシ」づくり!

最近の週末の過ごし方は、ビール片手にのんびり手料理。外食や市販のお惣菜でなく、やっぱり手づくりが一番かな、と。今は丼ものなどガッツリした「男メシ」ばかりなので、どんどんレパートリーを増やしていきたいです。